2010年09月28日

<陸上>河野洋平会長を再選、続投へ 日本陸連



 日本陸上競技連盟は28日に開いた理事会、評議員会で、河野洋平会長(73)を再選した。河野氏は「誠心誠意務めたい」と話した。河野氏は99年から会長を務め、現在は6期目(1期2年)。日本陸連の役員は70歳定年制だが、会長には例外規定がある。しかし、新公益財団法人移行に伴い定年制が厳格化される見通しで、任期は来期のみの可能性が高い。
posted by お馬さん一代 at 20:00 | Comment(0) | 必見ニュース! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランパード、復帰まで2週間以上の見通し イングランド代表戦も欠場へ



 現地時間27日、チェルシー(イングランド)のカルロ・アンチェロッティ監督は、同クラブのイングランド代表MFフランク・ランパードが、ヘルニア手術から復帰するまであと2週間は必要であると明かした。ロイター通信が報じている。

 アンチェロッティ監督は報道陣に対し、「フランクは明日(28日)の試合ではプレーしない」とコメント。28日に控えているチャンピオンズリーグ・グループリーグ第2節のマルセイユ(フランス)戦を、ランパードが欠場することを発表した。同選手は8月28日のプレミアリーグ、ストーク・シティ戦を最後に公式戦には出場していない。

 また同監督は、10月12日に控えるイングランドのEURO2012予選・モンテネグロ戦についても、ランパードは出場できないと述べている。さらに「コンディションが整うのは代表戦での中断が明けてからだ」と続け、復帰までは短くとも2週間以上はかかるとの見通しを示唆した。

 チェルシーのチームメイトであるMFジョン・オビ・ミケルはランパードについて、「大きな損失だよ」とコメント。「彼(ランパード)なしでもやっていくしかない。すばらしい選手だし、復帰が待ちきれないよ」と、ランパードの存在の大きさを語っている。
posted by お馬さん一代 at 17:00 | Comment(0) | 必見ニュース! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「陸上王国福島」事業を実施=県を挙げて選手育成などに注力



 福島県は陸上競技の選手や指導者を養成する「陸上王国福島」事業を進めている。一流選手らを講師に招き、指導会を実施することで、県全体の競技力向上を目指す。
 同県には、ハイレベルの選手が多く、箱根駅伝で2年連続総合優勝に貢献した東洋大の柏原竜二らを輩出している。五輪選手を多数育てている福島大の川本和久教授の指導法にも注目が集まっており、県を挙げて陸上選手の育成や指導者養成に取り組むことにした。
 選手育成事業では、県出身のトップアスリートを講師に招き、中高生選手のスキルアップを図る。8月には、柏原がいわき市を訪問。ナイター陸上と併せて開催された指導会には約400人が参加した。柏原は選手らに「前を見て走ろう」と声を掛け、その後の講演では「強気で攻める気持ちと感謝の心を忘れないで」と話した。
 また、北京五輪マラソン代表の佐藤敦之(中国電力)は会津若松市を訪問。「最下位だった北京五輪の借りはロンドン五輪で返す」と講演の中で決意表明。
 指導者育成事業では、小中高の教員へ川本教授から指導のノウハウを伝授する「川本塾」を実施。この塾は年9回実施し、3年間継続する予定だ。県スポーツ課は「高い競技力を維持するには、教員と選手両方の育成が重要。継続して実施し、レベルアップを図りたい」としている。 
posted by お馬さん一代 at 11:00 | Comment(0) | 必見ニュース! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。