2010年09月28日

「陸上王国福島」事業を実施=県を挙げて選手育成などに注力



 福島県は陸上競技の選手や指導者を養成する「陸上王国福島」事業を進めている。一流選手らを講師に招き、指導会を実施することで、県全体の競技力向上を目指す。
 同県には、ハイレベルの選手が多く、箱根駅伝で2年連続総合優勝に貢献した東洋大の柏原竜二らを輩出している。五輪選手を多数育てている福島大の川本和久教授の指導法にも注目が集まっており、県を挙げて陸上選手の育成や指導者養成に取り組むことにした。
 選手育成事業では、県出身のトップアスリートを講師に招き、中高生選手のスキルアップを図る。8月には、柏原がいわき市を訪問。ナイター陸上と併せて開催された指導会には約400人が参加した。柏原は選手らに「前を見て走ろう」と声を掛け、その後の講演では「強気で攻める気持ちと感謝の心を忘れないで」と話した。
 また、北京五輪マラソン代表の佐藤敦之(中国電力)は会津若松市を訪問。「最下位だった北京五輪の借りはロンドン五輪で返す」と講演の中で決意表明。
 指導者育成事業では、小中高の教員へ川本教授から指導のノウハウを伝授する「川本塾」を実施。この塾は年9回実施し、3年間継続する予定だ。県スポーツ課は「高い競技力を維持するには、教員と選手両方の育成が重要。継続して実施し、レベルアップを図りたい」としている。 
posted by お馬さん一代 at 08:00 | Comment(0) | 必見ニュース! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファンハール監督と契約延長へ=バイエルン・ミュンヘン



 【ロンドン時事】サッカーのドイツ1部リーグで昨季覇者のバイエルン・ミュンヘンが、今季限りで契約の切れるルイス・ファンハール監督と2012年7月まで契約を延長することで基本合意したことが27日分かった。チーム公式サイトによると、クラブの幹部が明らかにした。
 ファンハール監督は就任1年目の昨季、リーグ、カップの国内2冠に導き、欧州チャンピオンズリーグ(CL)では決勝まで進んだ。 
posted by お馬さん一代 at 02:00 | Comment(0) | 必見ニュース! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

五輪連覇のコーグリンら出場へ=競泳W杯東京大会



 日本水泳連盟は27日、競泳ワールドカップ(W杯)東京大会(10月20、21日)に女子100メートル背泳ぎで五輪2連覇のナタリー・コーグリン(米国)らがエントリーしたと発表した。17カ国・地域が参加を表明し、海外選手ではコーグリンら男女計17人が五輪や世界選手権の優勝者か世界記録保持者。 
posted by お馬さん一代 at 23:00 | Comment(0) | 必見ニュース! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。