2010年09月16日

中野渡師が勇退…田中剛師、新開幸一師が開業へ



 JRAは15日、中野渡清一師(69)が10月20日で勇退すると発表した。中野渡師は騎手時代、“スーパーカー”と称され8戦全勝で引退した名馬マルゼンスキーの主戦として活躍し、67年朝日杯3歳S(タケシバオー)など通算566勝をマーク。89年に厩舎開業後は通算195勝(15日現在)を挙げているが、今年はまだ白星がなかった。同師の勇退に伴い、既に調教師試験に合格している田中剛師(49)と新開幸一師(43)が10月21日付(各10馬房)で開業することになった。
posted by お馬さん一代 at 08:00 | Comment(0) | 必見ニュース! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。