2010年09月30日

楽天、ブラウン監督の後任は未定…ヘッドコーチも解任



 楽天は29日、マーティー・ブラウン監督(47)の解任を発表した。チームが4年ぶりの最下位に低迷したことが理由。米田純球団代表は後任監督について「全く決まっていない。早急に対処したい」と述べるにとどまった。ジェフ・リブジー・ヘッドコーチも解任された。

 米田球団代表は2年契約の1年目での解任について「若手や中継ぎの育成という功績を残した。ただ、結果がすべて」と説明。今季最終戦となったこの日の西武戦(Kスタ宮城)の前に、解任を通告した。

 試合終了後に会見したブラウン監督は「来季に向けてやりたいことがあったので残念。結果には責任を取らなくてはいけない」と話した。

 昨季まで広島を4シーズン指揮したブラウン監督は、野村克也前監督の下で2位に躍進したチームを引き継いだ。しかし、フロントが上位進出に不可欠な抑えの補強に失敗するなど、編成面で後手を踏んだ。ブラウン監督の選手起用も精彩を欠き、開幕から4連敗を喫するなど一度も勝率5割に届かず、19日に最下位が確定していた。
posted by お馬さん一代 at 05:00 | Comment(0) | 必見ニュース! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。