2010年09月30日

カーワンHC「日本の強さ証明する」=開幕まで1年切ったW杯ラグビー



 来年、ニュージーランドで開催されるラグビーの第7回ワールドカップ(W杯)の開幕まで1年を切った。日本代表のカーワン・ヘッドコーチ(HC)は「W杯は日本の強さを証明する大会」と強気だ。目標は1次リーグ2勝で、初の決勝トーナメント進出も視野に入れる。
 現地では開幕に向け、スタジアムの整備が進んでいる。来年9月9日の開幕戦と10月23日の決勝を行うイーデン・パーク(オークランド)では、6万人収容に増改修。大型スクリーン2面の設置や南スタンドの建て替えも進めている。
 4月に始まった入場券販売も順調。9月10日からは試合別(準決勝、決勝を除く)の販売(10月8日まで)も開始した。
 大会は地元ニュージーランドをはじめ、オーストラリア、イングランドなど20チームが出場。4組に分かれ1次リーグが行われ、各組上位2チームが準々決勝へ進む。日本は1次リーグA組で、9月10日にフランス、16日にニュージーランド、21日にトンガ、27日にカナダと対戦する。
 2007年大会は3敗1分けで1次リーグ敗退に終わったが、カーワンHCは「人生最大の仕事。トンガ、カナダには勝たないといけない。残り1年で仕上げていきたい」と雪辱を誓う。今秋のサモア、ロシア戦や来春の強化試合を通じ、素早い攻守のジャパンスタイルに磨きをかける。 
posted by お馬さん一代 at 08:00 | Comment(0) | 必見ニュース! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。