2010年09月30日

女子競輪、48年ぶり復活へ=12年夏開始の計画



 競輪などを統括するJKA(下重暁子会長)は30日、女子競輪の実施概要を発表し、2012年7月の開始を目指すことを明らかにした。下重会長は「新しい、ファッショナブルな娯楽にしたい」と意気込みを語った。
 計画では、女子のレースは男子の開催に組み込まれ、1日に2レース、7車立てで行われる。開始時にデビューする選手は来年4月から1年間、日本競輪学校で練習して備える。同校の入学募集は11月以降に開始。当初は35人程度の選手数を予定している。
 女子競輪は1948年から行われ、ピーク時には約670人の選手を擁したが、男子に比べて実力差が出やすいことなどから人気が低迷し、64年に廃止された。 
posted by お馬さん一代 at 20:00 | Comment(0) | 必見ニュース! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。